コーナーストーンオンデマンド、 2016年度第4四半期および通年の決算を発表
デモ
お問合せ

コーナーストーンオンデマンド、
2016年度第4四半期および通年の決算を発表

【米国カリフォルニア州サンタモニカ発 プレスリリース抄訳】*抄訳にて原文は英文をご参照ください。

タレントマネジメントソフトウェアのグローバルリーダーであるコーナーストーンオンデマンド (NASDAQ: CSOD、以下、コーナーストーン)は2017年2月13日に、2016年12月31日を期末とする2016年第4四半期および通期の決算を発表しました。営業・財務報告書の概要は同社ウェブサイトのインベスターリレーションのページhttp://investors.cornerstoneondemand.comで入手できます。

コーナーストーンの社長兼最高経営責任者(CEO)、アダム・ミラーは次のように述べています。「第4四半期の売上は為替の影響を除くと29%増となり、引き続き力強い1年の締めくくりとなりました。ラーニングやヒューマンキャピタルマネジメント に関しては市場機会が大きく広がっており、長年にわたってタレントマネジメント分野のリーダーとして実証されてきた当社のイノベーション力を合わせることで、今後も成長の勢いを増し、長期的に利益を拡大していけるものと確信しています。」

2016年第4四半期の業績
  • 2016年第4四半期の売上高は1億900万ドルで、前年同期から13.7%増でした。為替の影響を除いた実質ベースでは前年同期から20.4%の伸びとなりました。
  • 2016年第4四半期の販売高は1億5,630万ドルで、前年同期から10.1%増でした。為替の影響を除いた実質ベースでは前年同期から18.4%の伸びとなりました。
  • 2016年第4四半期の非GAAPベースの営業利益は160万ドル、非GAAPベースの営業利益率は1.5%で前年同期から130ベーシスポイント上昇しました。2015年第4四半期の非GAAPベースの営業利益は20万ドル、営業利益率は0.2%でした。
  • 2016年第4四半期のフリーキャッシュフローは2,750万ドルでした。2015年第4四半期のフリーキャッシュフローは4,920万ドルでした。
 
2016年通期の業績
  • 2016年通期の売上高は4億2,310万ドルで、前年から24.6%増となりました。為替の影響を除いた実質ベースの売上高は前年から29.1%の伸びとなりました。
  • 2016年通期の販売高は4億5,330万ドルで、前年から13.2%増となりました。為替の影響を除いた実質ベースでは前年から20.2%の伸びとなりました。
  • 2016年通期の営業損失は5,630万ドル、営業損失率は13.3%で前年から690ベーシスポイント改善しました。2015年通期の営業損失は6,870万ドル、営業損失率は20.2%でした。
  • 2016年通期の非GAAPベースの営業利益は760万ドル、非GAAPベースの営業利益率は1.8%で前年から620ベーシスポイント上昇しました。2015年通期は非GAAPベースで1,510万ドルの営業損失、4.4%の営業損失率でした。
  • 2016年通期の純損失は6,680万ドルで、希薄化後の1株当たり純損失は1.20ドルとなりました。2015年通期の純損失は8,550万ドル、希薄化後の1株当たり純損失は1.58ドルでした。
  • 2016年通期の非GAAPベースの純利益は640万ドルで、希薄化後の1株当たり純利益は0.11ドルとなりました。2015年通期は非GAAPベースで2,280万ドルの純損失、希薄化後の1株当たりの純損失は0.42ドルでした。
  • 2016年通期のフリーキャッシュフローは1,260万ドルでした。2015年通期のフリーキャッシュフローは1,490万ドルでした。

コーナーストーンの最高財務責任者(CFO)、ブライアン・シュワルツ(Brian Swartz)は次のように述べています。「2016年は通年で初めて非GAAPベースの純利益を計上し、当社にとって極めて重要なマイルストーンを達成した年となりました。これは年間を通じて多方面のオペレーショナル・エクセレンスを実現した結果であり、利益率は今後間違いなくさらに改善し、2017年以降、継続的に収益性を高めていけるものと確信しています。」

最新の業績ハイライト
  • コーナーストーンオンデマンドは2016年第4半期にラーニングと業績管理の両方の分野でForrester WaveTMのリーダーに認定され、 Nucleus Researchの2016 年バリュー・マトリックスにおいてもタレントマネジメントテクノロジー部門のリーダーに位置づけられました。 http://csod.info/2kDuPK7
  • 世界有数の送金事業者であるウエスタンユニオンは、コーナーストーンオンデマンドのソフトウェアを活用してダイナミックなラーニング・能力開発プログラムを構築し、高い評価を得ました。これは業績拡大に直接結びついただけでなく、業務効率化とコスト削減効果をもたらしました。http://csod.info/2kpsvFx
  • イタリアの高級紳士服ブランドCanaliは、従業員を採用、育成し、グローバルでタレントマネジメントを行うためにコーナーストーンオンデマンドのタレントマネジメントスイートを導入しました。 http://csod.info/2ftmysv
  • 2016年第4四半期末時点で、コーナーストーンの顧客は2,918社、ユーザー数は2,990万人に達しています。
 
業績見通し

以下の業績見通しは本プレスリリース発表時点の情報に基づくものであり、将来変更される場合があります。コーナーストーンオンデマンドは2017年3月31日を期末とする2017年度第1四半期の業績について、以下の通り予想しています。

  • 2017年第1四半期の売上高は1億900万~1億1,100万ドルを見込み、中間値を取った場合、前年同期から10.8%、為替の変動を除外した実質ベースで15.9%の伸びを予想しています。

2017年12月31日を期末とする2017会計年度の業績については、以下の通り予想しています。

  • 2017年度通期の売上高は4億7,500~4億8,500万ドルを見込み、中間値を取った場合、前年同期から13.4%、為替の変動を除外した実質ベースで16.6%の伸びを見込んでいます。
  • 非GAAPベースの売上高営業利益率は約5.0~6.0%
  • 非GAAPベースの売上高純利益率は約4.0~5.0%
  • フリーキャッシュフローマージン率は約6.0~7.0%
 
コーナーストーン社について

コーナーストーンオンデマンド(NASDAQ: CSOD)は、クラウドベースのラーニング及びタレントマネジメントソフトウェアのグローバルリーダーです。そのソリューションは、組織が現代の全従業員の潜在能力を見出すのをサポートします。コーナーストーンは、採用から職場への導入支援、人材育成、ソーシャル、業績管理、報酬管理、後継者育成、分析に至るまで従業員と組織の成長の基本となる学習や育成を一貫して行うことができるよう設計されています。カリフォルニア州サンタモニカを本社として、ソリューションは世界の191か国、42の言語で、約2,900社、約3,000万ユーザーに使用されています。コーナーストーンオンデマンドジャパン株式会社は、その日本法人です。さらに詳しい情報は、< https://www.cornerstoneondemand.jp/ >をご確認ください。


<本件に関する報道関係者からのお問い合わせ先>

共同ピーアール株式会社 (担当:結城・白武・小野)
TEL:03-3571-5176 Email:csod-pr@kyodo-pr.co.jp

 

世界中で2,990万人以上のユーザーを誇るNo.1タレントマネジメントソリューション

ご相談受付