コーナーストーン、AIを活用した後継者育成および分析のサービスを アサヒグループホールディングスへ提供
デモ
お問合せ

コーナーストーン、AIを活用した後継者育成および分析のサービスを アサヒグループホールディングスへ提供


タレントマネジメントソフトウェアのグローバルリーダーであるコーナーストーンオンデマンド (NASDAQ: CSOD)(本社:米国カリフォルニア州、CEO:アダム・ミラー、以下コーナーストーン社)の日本法人であるコーナーストーンオンデマンドジャパン株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役:飯島淳一)は、アサヒグループホールディングス株式会社(本社 東京都墨田区、社長:小路明善)に、人材活用の分析と後継者育成の管理を行うコーナーストーン・インサイトとコーナーストーン・サクセッションを提供開始したことを発表しました。

2011年に発足したアサヒグループホールディングスは、傘下にアサヒビール、アサヒ飲料、アサヒグループ食品など国内外に約120社を持ち、グループの経営戦略・経営管理を行っています。同社では、「人こそが最も大事な経営資源であり、人の成長がグループの成長に繋がる」という方針のもと人材育成に力を入れています。

コーナーストーンの統合タレントマネジメントプラットフォームは、43の言語に対応しており、グローバルに対応した人材データの一元管理が可能です。アサヒグループホールディングスでは、リーダーの後継者育成を積極的に推進しており、そのリーダーシップ研修と合わせて、人材の能力、将来性を見据えた後継者計画を人事施策として重要視していました。最新のテクノロジーであるAIを活用したコーナーストーン・インサイトでは、 過去の役職就任歴および在任期間のデータなどを参照しながら、人材の有効なキャリアパスを、複数予測提示することが可能です。また、コーナーストーン・サクセッションでは、人材の能力を同一プラットフォームで可視化することができ、人事部門は多くの候補者の能力を俯瞰することができます。 アサヒグループホールディングスでは、これらの機能を試行的に活用しながら、対象者ごとのキャリア予測を多面的に可視化し、組織全体でより深い後継者育成計画を遂行したい、と期待しています。

  • AIを活用した人事異動の候補を活用し後継者育成計画を支援 コーナーストーン・インサイトのAIによる学習機能で、過去の役職就任歴および在任期間のデータを参照し、個々の社員の有効なキャリアパスを予測分析して提示します。
  • 人材の能力に対する洞察力の向上コーナーストーン・サクセッションの9グリッドでReadiness(即応性)とPotential(潜在性)の軸で従業員をプロット化することで人材をマッピングし、可視化します。これにより、現在の能力と育成ニーズを明らかにし、従業員の能力への深い洞察がより容易にできるようになります。
  • グループ全体の人事情報を一元管理でき、より素早い意思決定を支援 コーナーストーンのプラットフォーム上でデータを統合するにより、グローバルも含めて分散していたグループ企業全体の人事情報を一元管理することができ、より素早い意思決定を支援します。

アサヒグループホールディングス株式会社 人事部門 執行役員 ゼネラルマネージャー 谷村圭造 氏は次のように述べています。 「 AI分析を人事にも活用することで、人事部門は人にしかできないことにもっと注力できるようにしていきたいと思っています。まだ緒に就いたばかりですが、分析で導かれたキャリア予測を元に、組織全体を俯瞰した深い洞察が得られるようになることを期待しています。将来的にはより多くの対象者へ広げ、データを蓄積してより良い判断材料となるよう活用したいと考えています。」

コーナーストーン社について

コーナーストーンオンデマンド(NASDAQ: CSOD)は、クラウドベースのラーニング及びタレントマネジメントソフトウェアのグローバルリーダーです。そのソリューションは、社員が可能性を引き出すのをサポートします。コーナーストーンは、採用から職場への導入支援、人材育成、ソーシャル、パフォーマンス管理、報酬管理、後継者育成、分析に至るまで社員と組織の成長の基本となる学習や育成を一貫して行うことができるよう設計されています。カリフォルニア州サンタモニカを本社として、ソリューションは世界の191か国、43の言語で、約3,000社、3,100万ユーザー以上に使用されています。

<本件に関する報道関係者からのお問い合わせ先>

共同ピーアール株式会社 (担当:結城・大塚・小野)
TEL:03-3571-5176 Email:csod-pr@kyodo-pr.co.jp

世界中で3,350万人以上のユーザーを誇るNo.1タレントマネジメントソリューション

ご相談受付