Emergence of the Empowered Enterprise
デモ
お問合せ



 創出する力を与えます









 急速に変化する職場環境では、「いつもどおりに仕事をする」ことは当たり前のことではありません。従業員間の相互関係が密接になるにつれて、企業が人材を最大限に活用するには、継続的に発生する複雑な変化を予測し、それらにうまく対応する必要があります。









 しかし、型どおりの行動でこうした問題に対応するのは不可能です。すぐれた人材の採用、定着、育成に関する方策の再検討や再構築が必要となります。企業が業績を上げ、市場競争力を維持するためには、能力を持つ企業を作り上げなければなりません。能力を持つ企業は、戦略の中心に従業員を置きます。つまり、継続的なコラボレーションとイノベーションに組織の進路を定め、従業員が知識を学び、共有する場所へと組織を改革します。









 企業に力を与えるためには、従業員の個々の才能を開花させて、企業全体の業績を高めるようなパフォーマンスや生産性の向上を引き出す必要があります。能力を持つ企業を作り上げれば、企業活動のあらゆる局面で、従業員の転職率低下、企業の収益拡大、顧客満足度のアップなどの効果が見られるようになります。












 能力を持つ企業となるための重要なステップ





















 1. 従業員中心の戦略






    


  • 

 共通のプロフィールとアイデンティティを作る


  • 


  • 

 企業内知識の所在を明確にする(どの分野の専門家がどこにいるか)


  • 


  • 

 ソーシャルネットワークのツールや技術を活用してコミュニケーションやコラボレーションを活性化する


  • 













 ソーシャル・デモンストレーション




















 2. コラボレーションの最終目標の作成






    


  • 

 有意義な仕事ができる職場を作る


  • 


  • 

 個々の従業員の意思決定能力を高める


  • 


  • 

 リソースをうまく管理して、業務の成功に必要なツールを従業員に確実に付与する


  • 













 コラボレーションの最終目標




















 3. 人材の流動性を高めて結果を創出






    


  • 

 従業員を各自の業務に従事させる


  • 


  • 

 スキル、意欲、結果の間に矛盾やズレがないようにする


  • 


  • 

 有効な目的を効率良く設定して日常業務に意義と関連性を与える


  • 


  • 

 社内の流動性を高めて適材適所を実現する(社内における育成と昇進の機会を明確化する)


  • 


  • 

 有意義なパフォーマンスマネジメントを行い、単なる査定をやめて人材の育成に着手する


  • 



















 エンゲージメントの低さと


 従業員のパフォーマンスは、



 企業で2番目によく見られる問題です。







 定期的に(四半期に1回以上)、


 企業目標を見直す企業のほうが、


 通年の目標プログラムを作る企業よりもはるかに高い実績をあげています。







 若い従業員は、給料の額や昇進などのインセンティブよりも、キャリアを成功させることに関心があり、今後1年間はキャリア開発が盛んになると思われます。


























 4. クラウドにおける人材管理






    


  • 

 選抜から後継者の決定まで従業員のライフサイクルの全要素を管理する技術やツールを特定して導入する


  • 


  • 

 従業員支援プロセスを管理する単一統合環境を作る


  • 


  • 

 高度な分析とレポート作成機能を利用して、従業員の採用、定着、育成をサポートする


  • 
















 クラウドにおける人材管理




 HRシステムを導入する企業が最優先すべき課題は、システム統合です。








  








 導入企業の60%が、統合パートナーシップよりも単一ベンダーを選ぶと言っています。




















 能力を持つ企業を作るメリット












 KPIの有効性を高めます。 人材の能力強化は、組織のHR戦略の健全性と適合性を測る重要な指標です。









 俊敏性を高めます。 能力を得た従業員は、組織の経営目標に一致した行動を取るため、変化の激しい環境においても企業は賢明な判断をすばやく下せます。









 従業員のパフォーマンスと生産性を高めます。能力を持つ企業とは、従業員が意欲にあふれ、強いエンゲージメントを示す企業です。その結果、能力を持つ企業には高い業績と生産性がもたらされます。









 従業員リテンションを高めます。 Mercer社の最近の調査では、企業に勤める3人に1人ができるだけ早く今の職場を辞めたいと考えているという結果が出ています。


 従業員の働く意欲を高め、短期的にも長期的にも従業員の持つ目標と彼らの成長を一致させることができれば、企業は、人材獲得競争を有利に進められます。





 採用効率を高めます。 ただ頭数を増やすだけの採用をしても、将来発生する人材不足を埋めることはできません。将来の労働基盤を作ることは、適切な研修や育成、昇進の機会を従業員に与え、社内で人材を成長させることを意味します。













世界中で2,990万人以上のユーザーを誇るNo.1タレントマネジメントソリューション

ご相談受付