コーナーストーン、「フロントライン」人材採用ソリューションと Workpop社買収を発表

"小売/製造/ヘルスケア企業への人材獲得競争に変革をもたらす
「コーナーストーン・フロントライン」"

【米国カリフォルニア州サンタモニカ発 プレスリリース抄訳】
*抄訳にて原文は英文をご参照ください。

タレントマネジメントソフトウェアのグローバルリーダーであるコーナーストーンオンデマンド (NASDAQ: CSOD)(本社:米国カリフォルニア州、CEO:アダム・ミラー、以下コーナーストーン)は本日、人材採用ソリューション「コーナーストーン・フロントライン」を発表しました。「コーナーストーン・フロントライン」は、地域の現場従業員の雇用ニーズに応えるソリューションで、新しいレジ係を採用したい店舗マネージャーや、季節的需要ニーズのある倉庫従業員を探している管理者、事務職員を探しているヘルスケアプロバイダーなどを対象としています。現在コーナーストーンは、1,000社を超える小売/製造/ヘルスケア企業にサービスを提供しています。

さらにコーナーストーンは、Workpop社(以下Workpop)の買収も発表しました。2014年に設立されたWorkpopは、サービス関連業界の求職者や採用担当マネージャー向けに、使いやすく堅牢なWeb、モバイルソリューションを提供しており、小規模な小売チェーンや、The Peninsula Hotels、Hillstone Restaurant Group、Tao Group、Sweetgreen、Jersey Mike’s Subsといった著名ブランドにサービスを提供しています。コーナーストーンは2015年に、イノベーション基金を通じて初めてWorkpopに投資を行いました。

「コーナーストーン・フロントライン」は、コーナーストーンの応募者追跡システムと、Workpopの堅牢な人材採用ソリューションを組み合わせたものです。魅力的な候補者体験を提供し、採用やオンボーディングプロセスを合理化し、スマートな採用判断を可能にするコーナーストーン・リクルーティングスイートの一部として、来年の提供開始を予定しています。

コーナーストーンの創業者兼CEOであるアダム・ミラー(Adam Miller)は、次のように述べています。「コーナーストーン・フロントラインは、時間給従業員を多数抱えるお客様の大きな悩みを解決するものであり、これを可能にするのがWorkpop社の買収です。Workpopのチームは、この分野に関する深い知識と、優れた製品設計能力を弊社にもたらし、リクルーティング分野での弊社の勢いをさらに加速させるでしょう」

Workpopについて

Workpopは、求職者を追跡するだけではなく、最適な候補者体験を提供して競合の厳しい現代の人材市場で競争力のある初の人材採用システムを提供しています。2014年創業の同社の使命は、世界のあらゆる人々が好きな仕事を見つけられるよう手助けすることであり、雇用体験に革新をもたらすことで、求職プロセスを根本から変えています。リード・シャフナー(Reed Shaffner)、クリス・オーヴィッツ(Chris Ovitz)、ジェイ・ユウ(Jay Yu)によって創設され、サンタモニカを拠点に全米でサービスを展開しています。

将来の見通しに関する記述

本プレスリリースには、Workpop買収に関連するコーナーストーンの期待/信念/計画/意図/戦略についての、将来の見通しに関する記述が含まれています。こうした将来の見通しに関する記述には、将来提供される製品、コーナーストーンとそのお客様に期待されるメリット、Workpop製品とコーナーストーン製品との統合に関する計画についての記述が含まれます。これらの記述は、コーナーストーンの現在の信念を反映したもので、現時点でコーナーストーンが入手できる最新情報に基づいています。コーナーストーンは、将来の見通しに関する記述を更新して、作成日以降に発生する事象や状況を反映させる義務を負いません。コーナーストーンがこうした事業目標を達成する能力には、多くのリスクと不確実性が含まれており、将来の見通しに関するあらゆる記述で表明されたものとは実質的に異なるマイナスの成果や結果を招く可能性があります。これらのリスクと不確実性には、コーナーストーンとWorkpop間での業務に期待される相乗効果と効率性の実現の失敗、コーナーストーンとWorkpopがそれぞれの市場機会/テクノロジー/製品/スタッフ/業務の統合を成功させる能力、統合製品/サービスのタイムリーな開発と市場での受け入れ達成の失敗、買収の結果としてWorkpopの事業に生じる潜在的な影響、Workpopの顧客の逸失、コーナーストーンとWorkpop間での戦略およびリソースの調整能力、コーナーストーンとWorkpopによるWorkpop主要従業員の維持と意欲促進の能力、一般的な経済情勢、コーナーストーンが証券取引委員会(SEC)に提出した報告書に含まれるリスクと不確実性(2018年6月30日を末日とする四半期について2018年8月7日にSECに提出したForm 10-Qを含む。当社Webサイトcsod.comの投資家向け情報セクションおよびSECのWebサイトwww.sec.govで入手可能)などが含まれます。

コーナーストーン社について

コーナーストーンオンデマンド(NASDAQ: CSOD)は、クラウドベースのラーニング及びタレントマネジメントソフトウェアのグローバルリーダーです。そのソリューションは、社員が可能性を引き出すのをサポートします。コーナーストーンは、採用から職場への導入支援、人材育成、ソーシャル、パフォーマンス管理、報酬管理、後継者育成、HR管理、分析に至るまで社員と組織の成長の基本となる学習や育成を一貫して行うことができるよう設計されています。カリフォルニア州サンタモニカを本社として、ソリューションは世界の192か国、43の言語で、約3,350社、3,700万ユーザー以上に使用されています。