コーナーストーン、Microsoft Vivaにおけるワークフローの中に ラーニングを提供

コーナーストーンラーニングとの統合により、Microsoft Teamsのユーザーは、新たなMicrosoft Viva Learningの一部として、ひとつのワークフローの中でラーニングコンテンツの検索、共有、利用が可能に


【米国カリフォルニア州サンタモニカ発プレスリリース抄訳】
*抄訳にて原文は英文をご参照ください。

タレントマネジメントソフトウェアのグローバルリーダーであるコーナーストーンオンデマンド(NASDAQ: CSOD、以下、コーナーストーン)は本日、Microsoftが新たに発表した従業員エクスペリエンスプラットフォーム(EXP)「Microsoft Viva」の最初のラーニングマネジメントソフトウェア(LMS)パートナーの1社となったことを発表しました。新プラットフォームの一部として、コーナーストーンラーニングとSaba CloudがMicrosoft Viva Learningのアプリに統合されます。

Microsoft Vivaは、Microsoft 365上のMicrosoft Teamsを通じて使うことのできるインサイト主導型の従業員向け統合EXPであり、組織におけるコミュニケーション、ナレッジ、ラーニング、および職場インサイトの一体化に役立ちます。そして、Teamsの新しい機能として、Microsoft Viva Learningは、仕事のワークフローの中に学習のための中心的なハブを提供します。

Microsoft Viva Learningは誰もが今いる場所から、ひとつのワークフローの中でコーナーストーンの価値ある学習コンテンツを利用でき、学習プラットフォームとTeamsとの切り替えの煩わしさをなくします。コーナーストーンラーニングとの統合により、従業員はTeamsから直接、コンテンツライブラリの共有や割り当て、学習が行えるようになります。

コーナーストーンでは、2020年3月から5月にかけてモバイルラーニングの利用が100%増となるなど、この1年で職場でのオンライン学習の受講や学習コースの開発が著しく高まったことを目の当たりにしています。Cornerstone People Research Labによって、従業員がいつでもどこでも学べる柔軟性を求めていることが報告されており、こうした顧客インサイトを受けて、コーナーストーンはラーニングを業務の中で自然な形で行うというビジョンの実現に向けて、さらに努力しています。

コーナーストーンオンデマンドのチーフストラテジー&マーケティングオフィサー、ハイディ・スピルギ(Heidi Spirgi)は次のように述べています。「ビジネス環境が急速に変化する今、スキルの重要性はかつてないほど高まっています。社会人の77%が今すぐ新しいスキルを身につけたい、または完全に再教育を受けたいと考えており、仕事で最大限に能力を発揮して画期的なビジネス成果を上げる機会を従業員に提供することは急務となっています。ラーニングを業務の流れと一体化することによって、コーナーストーンとMicrosoftはさまざまな障害を取り除き、ラーニングを中核に据えて、組織やチームが真の従業員エクスペリエンスに基づいた力を発揮できるようにします。

Microsoft Viva Learningによって、ユーザーはTeamsチャンネル内でコンテンツを企画したり、コンテンツへのリンクをチャットで直接共有できるようになります。上司が部下にラーニングコンテンツを割り当てることもでき、コースの履修状況はLMSからTeamsに同期されます。

Microsoftのエクスペリエンス+デバイス担当最高オペレーション責任者であるカーク・ケーニグスバウア(Kirk Koenigsbauer)氏は次のように述べています。「従業員が日々作業を行なっているMicrosoft Teamsにコーナーストーンのソリューションを統合することで、組織に大きな価値をもたらします。新たなMicrosoft Vivaによって、従業員は日常業務の一部として違和感なく直感的にラーニングとスキル開発が行えるようになります。」

コーナーストーンはこのプラットフォームの最初のパートナーの1社として、働く人に焦点を当て、拡張性や20年の経験で蓄積したラーニングに関する匿名データへのアクセスとを組み合わせることで、何百万人ものMicrosoft Teamsユーザーが自律的にスキル開発するのを手助けできる特別な立場にあります。現在では、コーナーストーンのソリューション全体で7,500万人以上のユーザーから得たインサイトが、当社のイノベーションや製品の方向性を推進する原動力となっています。

Microsoft Viva LearningにおいてMicrosoftと連携することで、適切な進歩と成長の機会があれば、誰もが並外れた存在になることができるというコーナーストーンの信念は、一層明確に示されることになります。コーナーストーンは、ラーニングこそ将来に向けて誰もが成長し、適応し、新たなスキルを身に着けることのできる、より優れた従業員エクスペリエンスを構築する上での要であることを理解しています。

Microsoft Vivaとコーナーストーンの統合の詳細については、aka.ms/VivaLearning をご参照ください。

コーナーストーン社について
コーナーストーンオンデマンド(NASDAQ: CSOD)は、クラウドベースのラーニングおよびタレントマネジメントソフトウェアのグローバルリーダーです。ラーニングで人々の可能性を引き出すこと、人こそが優れた経営資源として競争力となることを信じて設立されました。そのソリューションは、社員のライフサイクルを通じて、継続して人材を育成し、戦略的に人材管理を行うことを支援します。個別化したラーニング、人材開発を主眼においたパフォーマンス管理、包括的なリクルーティング、HRプランニングを提供し、世界180か国、50を超える言語で、6,300社、7,500万ユーザー以上に使用されています。

<本件に関する報道関係者からのお問い合わせ先>
株式会社旭エージェンシー (担当:高木、仲久木)
TEL:03-5574-7890  Email:cornerstone@asahi-ag.co.jp 

\人材管理に役立つ!/

無料ホワイトペーパー・各種資料
配布中

学習管理や人材育成、コーナーストーンの各種サービスについて、もっと詳しく知りたい方はぜひご活用ください。