Security, Scalability & Control
デモ
お問合せ

セキュリティ、スケーラビリティ、コントロール

今ではすっかり有名になった「クラウド」ですが、では「クラウドコンピューティング」とは実際にどのようなもので、それは人材管理にどのように関係するのでしょうか。Software-As-A-Service(SaaS)は、オフプレミスでアプリケーションをホストして管理するサービスモデルで、レガシーのHRシステムに関係なく、インターネット接続さえあれば瞬時にアクセスしてアプリケーションを簡単に使用できます。ただし、今日と将来の技術モデルとして多くの企業がSaaSの導入を急速に進めている理由はこれだけではありません。

セキュリティ、スケーラビリティ、コントロール

 

「買手は用心せよ」、マルチテナシーが重要です

純粋なSaaSは、完成されたビジネスモデルです。提案要請書の単なる一項目と見なすのは間違いです。クラウドがもたらす真のメリットを享受するには、約束通りの結果をきっちり出すベンダーを選択する必要があります。最終的には「結果を出す」ことが重要だからです。マルチテナシーとは、1つのソリューションを複数の現場で共有してサービスを提供する場合でも、実際には各現場の状況に合わせて、個々のビジネスニーズを満たすよう構成を変更できる環境を意味します。ほんとうの意味でマルチテナシーを実現したSaaSモデルでは、同一のSaaS製品を導入しても、環境が同一に見えることはありません。しかし実際には、1箇所でホストされる同一のシステムを共有しています。

人材管理では「どんなものにも画一的にあてはまるやり方」はありません。重要なのは、マルチテナシーのSaaSがプロバイダーとクライアントの間に有意義な深い関係を築く方法です。だからこそSaaSで成功するには、適切なパートナーを選ぶことが大切なのです。「クラウド型のソリューションとわが社のオンプレミスのソリューションは共存可能です」と唱えるベンダーはたくさんおられますが、そうした混在型のアプローチでは重要なポイントを見逃すことになり、SaaSソリューションの真の威力を活用できません。  

クラウドを導入する際の重要なポイントをまとめました。

重要なポイント(ベンダーへの質問)
  • 当社が使用しているプラットフォームを研究開発の対象にしていますか。
  • 何種類の製品ラインをサポートしていますか。
  • アップグレードは迅速に行われますか。
  • 製品ごとにサポートを担当するチームが変わりますか。

純粋なSaaSの真のメリット

パートナーシップ パートナーシップ
SaaSはサブスクリプションでのライセンスモデルで提供され、製品にバージョンがないという性質があります。これにより、ベンダーがソフトウェアをお客様に販売しても次のアップグレードまでお客様と接点を持たないということがなくなり、ベンダーはお客様の成功のために継続的に力を傾けます。
パートナーシップ 構成が容易
SaaSは構成が容易で、カスタマイズに多くの費用がかかりません。システムへの変更がどのように行われるか、また、ワークフローに合わせてシステム構成を変更できるかどうかもベンダーにぜひ確認しましょう。
コントロールの拡大 コントロールの拡大
SaaSではお客様がすべてをコントロールします。つまり変更を加えたり、設定を調整する際に、ベンダーの手を借りる必要がありません。
強固なセキュリティ 強固なセキュリティ
SaaSソリューションはオフプレミスでホストされますが、セキュリティはむしろ向上しています。だからこそ世界の大手企業がコーナーストーンを信頼して彼らのデータをまかせているのです。
メンテナンスコストが低い メンテナンスコストが低い
「バージョンがない」ということは、お客様が使用中のものが常に最新であることを意味します。イノベーションもアップグレードもリアルタイムで行われるため、煩雑な導入作業や製品ラインの廃棄を行う必要がありません。
無限のスケーラビリティ 無限のスケーラビリティ
現代のSaaSインフラストラクチャは、ベンダーを活用すれば迅速に拡張できます。さらに比較的少ないコストでストレージも追加できます。その結果お客様の側で、ハードウェアの購入やサーバー用スペースの確保に悩んだり、苦労することがありません。

世界中で2,990万人以上のユーザーを誇るNo.1タレントマネジメントソリューション

ご相談受付