コーナーストーン、「HR Technology Conference and Expo」に出展 HCMプラットフォームの全容を紹介

National Online Learning Weekの一環としてラーニングプレイリストを無料で提供

【米国カリフォルニア州サンタモニカ発 プレスリリース抄訳】

*抄訳にて原文は英文をご参照ください。

 タレントマネジメントソフトウェアのグローバルリーダーであるコーナーストーンオンデマンド (NASDAQ: CSOD)(本社:米国カリフォルニア州、CEO:アダム・ミラー、以下コーナーストーン)は本日、2018年9月11日~14日に米国ラスベガスのベネチアンで開催される「HR Technology Conference & Exposition」に同社の最新の技術イノベーションを出展することを発表しました。

コーナーストーンのブース(No.1504)ではラーニング、パフォーマンス、リクルーティング、HRの各スイートに加え、コンテンツサブスクリプションサービス「Content Anytime」 も紹介します。また、従業員エンゲージメントや生産性を向上させるために、人材の獲得から評価、リテンションまでを支援する中小企業向けソリューションも紹介します。シンプルで直観的なユーザーエクスペリエンスで業績やラーニングが管理でき、マネージャーと従業員の両方がスキルギャップを特定して対処しながら既存のトレーニングや人材開発を促進できるよう設計された「PiiQ by Cornerstone」を紹介します。

9月15日のNational Online Learning Dayを記念して、コーナーストーンでは独自に企画した20以上のプレイリストを発表し、200以上の講座を1週間、無料で提供します。プレイリストは9月10日~15日の間オンラインで利用でき、会場のコーナーストーンのブースでライブストリーミングを行います。

 「HR Technology Conference & Exposition」の会期中に実施されるコーナーストーンの各セッションでは、コーナーストーンのエグゼクティブや顧客が業界のトレンドやベストプラクティス、新たなスキルエコノミーを形成するテクノロジーについて、それぞれの専門知識や知見を披露します。

HR Technology Conference & Exposition」コーナーストーンのセッション

  • 912日(水)
  • タレントマネジメント・トラック:「How Wendys Built a Culture of Learning That Boosted Customer Satisfaction and Sales(ウェンディーズはいかにして顧客満足度や売上を向上するためのラーニング文化を築いたか)

ウェンディーズのチーフ・ピープル・オフィサー、コリー・オブライエン(Coley O’Brien)氏が、コーナーストーンのラーニングスイートによって、いかにレストランチェーンにラーニング文化を導入し、世界中で成長と革新を続けてきたのかを語ります。強力なラーニング戦略が売上拡大、サービスのスピードアップ、顧客満足度の上昇、従業員エンゲージメントの向上と離職率の低下など、ビジネスパフォーマンス推進の原動力になることをウェンディーズが証明します。

(9月12日(水)午後1時15分~、場所:Lido 3105)

  • マーケットビジョナリー・トラック:「Vision for HR Technology: Cornerstone OnDemandHRテクノロジーの展望:コーナーストーンオンデマンド)」

コーナーストーンのコンテンツサービス担当バイスプレジデント、ジョシュ・シュヴェーデ(Josh Schwede)、プロダクトマネジメント担当ディレクター、エルビス・ハ(Elvis Ha)がラーニングおよびコンテンツ業界の最新状況について語ります。業界の今後の動向、それが企業や組織に与える影響、さらに専門家としてそうした動きにどのように備えるか、といった点についてコーナーストーンとしての考え方を説明します。(9月12日(水)午後1時15分~、場所:Lido 3102)

  • リサーチインサイト・トラック:「The Future Looks Bright. Or Does It? How to Navigate the New Skills Economy(未来は本当に明るいのか? 新しいスキルエコノミーのナビゲーションとは)

コーナーストーンのラーニングおよびオーガナイゼーションエフェクティブネス担当アソシエイトバイスプレジデント、ジェフ・ミラー(Jeff Miller)とInstitute for the FutureのWork+Learn Futures Lab担当ディレクターであるパーミンダ・K・ジャサル(Parminder K. Jassal)氏が、新たなスキルエコノミーにおいて働き方と学び方がどのように交錯していくのかについて、今後10年の展望や今後成功するために従業員に求められるスキルを含め、最新の調査結果で明らかになったインサイトを紹介します。(9月12日(水)午後3時30分~、場所:San Polo 3402)

  • 913日(木)
  • 製品デモンストレーション:コーナーストーン・リクルーティングの再定義

カンファレンス出席者は、コーナーストーンのインタラクティブなデモセッションに参加できます。このセッションでは、よりユーザー中心のアプローチを採用し、タレントアクイジションチームが適切な人材を適切なタイミングで採用からオンボーディングまでスムーズに行えるようにしたコーナーストーンの最新製品を紹介します。コーナーストーン・リクルーティングは応募者の利便性を高めるために、応募に際して高度な設定ができる効率的なキャリアサイトを提供します。採用担当は使いやすいダッシュボードやマルチモジュールの分析を利用して、採用のあらゆるプロセスを通じて迅速かつ効果的にすべての候補者を管理できます。ライブデモンストレーションは9月13日(木)午前10時.よりデモルーム2で行います。

コーナーストーン社について

コーナーストーンオンデマンド(NASDAQ: CSOD)は、クラウドベースのラーニング及びタレントマネジメントソフトウェアのグローバルリーダーです。そのソリューションは、社員が可能性を引き出すのをサポートします。コーナーストーンは、採用から職場への導入支援、人材育成、ソーシャル、パフォーマンス管理、報酬管理、後継者育成、HR管理、分析に至るまで社員と組織の成長の基本となる学習や育成を一貫して行うことができるよう設計されています。カリフォルニア州サンタモニカを本社として、ソリューションは世界の192か国、43の言語で、約3,350社、3,700万ユーザー以上に使用されています。